イオンデビットカード~預金残高0円でも10万円までのバックアップ付き

スポンサーリンク

キャッシュレス普及のお陰もあり

過去と比べて“デビットカード”

各企業から多種多様に発行されて

世に周知されるようになりました。

普段の買い物でもクレジット同様に

利用できるのは勿論、買い物直後に

紐付けしている銀行の預金残高から

引き落としできるのがメリットです。

但し、それはあくまでも預金残高に

お金に入っているときに限っての話。

残高不足の場合は、当たり前ですが

その”デビットカード”は利用できず

クレジットエラーの処理となります。

そんな中、預金残高不足であっても

“最大10万円”までの一時的な立替が

可能な”デビットカード”があります。

スポンサーリンク

イオンデビットカード

他の”デビットカード”には付かない

特殊なサービスとなりますが、通称

“バックアップサービス”と呼びます。

バックアップサービスとは何ですか?

(クリックで拡大できます)

クレジットカードではありませんので

キャッシング機能などはありませんが

審査に関してはクレジットカード同様

“信用情報機関”を参照するとのこと。

(クリックで拡大できます)

ただ、与信枠が最大でも”10万円”と

いうことからプロパーカードなどの

審査と比べれば、ブラックの方でも

まだ可能性はあるかも知れません。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする

コメント

  1. ストラーダ より:

    イオンカードと同様の審査があります。ブラックの方は無理です。日本のクレカでは、ブラックの人が持てるカードは審査はありますが、ライフカードデポジットやJトラストカードデポジットタイプのみです。
    こちらのカードは保証金がいりますが、それが与信枠となるので持てるのです。つまり、ブラックだとこの与信枠が持てない、事故歴があるので信用ないためです。そのため、通常審査に落ちてしまうのです。Amazonのテンポラリーカードも信用情報機関に照会しますので基本無理です。