格安SIM+デビットカードでもd払いは可能~作成の手引き

スポンサーリンク

キャッシュレスの還元セールなど

多くのキャンペーンで必要となる

“d払い”ですが、名称に惑わされ

“ドコモ回線”でなければ無関係と

思われている方も多いでしょう。

“d払い”で支払うには勿論ですが

“dアカウント”が必要となります。

今回は、そんな“dアカウント”

“ドコモ回線”以外や“格安SIM”

作成する流れをご紹介いたします。

スポンサーリンク

登録は至って簡単な流れとなります。

dアカウント

上記サイトの”アカウント作成”に

進み”Google”や”Yahoo!”などの

メールアドレスを紐付けするだけ。

(クリックで拡大できます)

上記はアプリで同様に作成可能

以下からインストールできます。

dアカウント設定アプリ

無事に”dアカウント”を作成した後

“d払いアプリ”をインストールして

“dアカウント”を入力すれば完了。

d払い(iPhone)

d払い(Android)

“ドコモ回線”の方はキャリア決済を

紐付けすることで”d払い”が可能と

なりますが、それ以外の回線の方は

クレジットカードの紐付けが必要に。

但し、極一部のデビットカードは

紐付けできることが判明しており

“3Dセキュア(認証サービス)”

対応していることが条件とのこと。

3Dセキュアとは?

今後、頻繁に開催される還元祭りや

ドコモ限定のサービスへの登録には

“dアカウント”の保有が必須な状況。

dデリバリー

dトラベル

dアニメストア

とりあえず作成しておくというのも

決して無駄な時間ではないでしょう。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

(1円単位でご支援いただけます)

 

投げ銭の詳細についてはこちら

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする