近年のデビットカード認証事情【後払い】

スポンサーリンク

“デビットカード”は決済と”同時”に

預金残高より引き落としされるため

使い過ぎの防止ができたり、家計の

収支の把握がしやすかったりなどで

キャッシュレス時代に欠かせません。

しかし、クレジットカードのように

“後払い”での支払いではないために

リアルタイムで現金がない状況下で

使いづらいと思われる方もおります。

今回は、その”デビットカード”の

認証事情についてのアレコレです。

スポンサーリンク

ガソリンスタンドの場合

現在も、一部のガソリンスタンドは

利用と”同時決済”されるのではなく

“1~3週間”遅れて決済されるという

実質的“後払い”が可能となります。

しかし近年、いくつかのカードが

システムのプログラム改悪により

利用できなくなっており、現在は

以下”4社”しか残っておりません。

  • 楽天銀行
  • スルガ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ジャパンネット銀行

但し、ジャパンネット銀行の場合は

“預金残高3000円”以上、楽天銀行は

“預金残高1万円”以上が”条件”です。

ガソリンスタンドご利用条件の変更

利用できるガソリンスタンドついては

“Shell(シェル)”以外なら、現在でも

デビットカードの認証が可能です。

決済代行会社の場合

一時的な”クレジットカード認証”や

“月額制決済”のカード登録などでも

“デビットカード”でも認証が可能な

場合があり、その多くは決済に対し

“代行会社”が介入しているケース。

以下は、決済代行会社の一部です。

  • ZEUS(ゼウス)
  • GMOペイメント
  • GMOイプシロン
  • テレコムクレジット
  • ペイジェント
  • インターネットペイメント

など。

いずれも聞き覚えのある名称かと

存じますが、これらは導入企業の

設定によりますが、カード認証が

利用可能な場合がほとんどです。

(クリックで拡大できます)

勿論、すべての”デビットカード”が

そうではなく、ガソリンスタンドに

利用できるような“銀行系カード”

容易に認証される傾向があります。

仮に、自身が契約されたい”何か”が

月額制の契約でしか不可能な場合も

上記“代行会社”を挟んでいるときは

試す価値はあるかも知れません。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする