高速道路完全ETC化~クレジットカードを保有できないブラックに課題

スポンサーリンク

国土交通省は全国の高速道路の

料金所から現金レーンを排除し

すべて“ETC専用”にすることに

本格的な検討をし始めた模様。

その権力者の方々の議論の中で

問題点があがっているようです。

スポンサーリンク

この”完全ETC化”にする目的には

新型コロナウイルスによる感染を

防止する狙いがあるといいます。

しかし、国土交通省の議論の中で

問題視されているのは高速道路を

“完全ETC化”にしてしまうことで

“クレジットカードの非保持者”

どうすればいいのか、ということ。

俗に言うブラックへの対応でしょう。

“クレジットカード”と付帯してくる

“ETCカード”は信用情報開示審査の

範疇ですので、自称ブラックの方は

喪明けまで期待することは皆無です。

しかし、”ETCカード”だけであれば

デポジット型で作成できることから

上記、議論の中で話し合う権力者の

方々には知り得ていないという事実。

ETCパーソナルカード

個人事業主や新会社も申込可能な

“後払い”ができる”ETCカード”も。

法人向けETCカード

上記に関しては勿論、信用情報の

開示などされませんので、書類に

滞りがなければ誰でも発行が可能。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする