無償で食料品を支援してもらえる団体の存在

スポンサーリンク

まだ食べられる廃棄前の“食料品”

貧困世帯や児童養護施設などに向け

“無償”で分配する活動を行っている

“フードバンク”をご存知でしょうか。

今回は、生活が困窮されている方へ

向けて”フードバンク”の利用方法を

細かく、ご説明させていただきます。

スポンサーリンク

“フードバンク”は全国に存在しており

“公”の団体は以下をご参照ください。

認証団体紹介

加盟フードバンク団体一覧

近年では、上記のように数多くの

“フードバンク”が存在しています。

しかし“無償”とはいえど、すべての

貧困世帯へ分配されるわけではなく

お住まいの市町村区の”役所”からの

“紹介状”を入手する必要があります。

大前提として、現在“生活保護”

世帯である場合、この”紹介状”の

発行が不可能であるため、下部に

記載の方法を、お試しください。

それ以外の貧困世帯である方なら

役所の窓口で、現在の困窮状態を

訴えかければ”フードバンク”への

“紹介状”を発行してもらえます。

但し、現在の状況の”伝え間違い”や

窓口で理解をしてもらえない場合は

“生活保護”を勧められてしまいます。

話の肝は、今現在で困っているのは

“食費であって家賃ではないこと”

“切実”に訴えかけることになります。

また、この問答は審査ではないので

当たり前ですが”信用情報”の開示や

預金通帳などの提出も一切不要です。

無事に”紹介状”が手に入った後は

“フードバンク”より“月1~2回”

食料品支援を受けることが可能に。

“直接”役所に出向くのが恥ずかしい

もしくはすでに”生活保護”であれば

メールで”食料品配給”を申請できる

“セカンドハーベスト・ジャパン”

お願いしてみるのもオススメです。

お問い合わせフォーム

現在の状況を細かく記載することで

仮に、食料品の在庫に余裕があれば

郵送してもらえるケースがあります。

役所で断わられてしまった場合や

万全を期して問答に臨みたい方は

農水省フードバンクマニュアルに

目を通すのもいいかも知れません。

フードバンクマニュアル

(PDF:容量15.9MB)

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする