【GMO後払い】オススメショップ5選+審査否決について

スポンサーリンク

“GMOペイメント”が提供している

後払い決済サービス“GMO後払い”

上限は“5万4000円(税込)”ですが

初めての利用で“満額”は難しいため

“1万円~多くても2万円”の利用から

徐々に信用を重ねていく必要があり。

今回は”GMO後払い”の利用ができる

オススメショップのご紹介、そして

“審査否決”についてのアレコレの話。

スポンサーリンク

ZOZOTOWN

業界大手の通販サイトになりますが

アパレル以外に”ブランド品”などの

取り扱いもしており“ツケ払い”での

支払いは最大2ヶ月先でも可能です。

ZOZOTOWN

cyma(サイマ)

新品・中古の自転車を販売しており

“送料・組立無料”、さらに購入後の

“パンク修理無料”とアフターケアの

サポートが大変、充実しています。

cyma(サイマ)

秋田書店

往年の名作から最新刊まで揃えている

漫画・雑誌メインのオンライン書店。

秋田書店

YAMAN(ヤーマン)

コスメ・スキンケアなどの化粧品や

高級美容家電を扱う大手化粧品会社。

YAMAN(ヤーマン)

オールジュエリー

国産・海外輸入のアクセサリーを扱う

運営期間10年を超える人気店であり

商品は安価でリーズナブルなものから

100万円超えの宝石まで多種多様に。

オールジュエリー

“GMO後払い”はリアルタイム与信を

採用しており審査の“可否”を一瞬で

判断して、その結果が知らされます。

“身分証の提示なし”の判断となれば

利用実績は勿論のこと、電話番号の

3桁(090・080以外)や”フリー”の

メールアドレスであるかどうかなど

“入力情報”が重要視されています。

以前には”ZOZOTOWN”の利用実績が

6ヶ月以上必要とデマも流れましたが

上記の関連会社を含む“社内ブラック”

でない限り、あくまで審査は”GMO”。

親会社”ペイメントゲートウェイ”は

“JICC”に加盟していますが、開示は

本人の“同意”が必要となりますので

これも審査とは関係がないでしょう。

しかし、”GMO”の関連企業は様々な

銀行やカード決済事業者へサービスを

提供していることから、”事故情報”が

流出している可能性はあります。

どうしても”否決”を疑問に感じる方は

“GMO”へ直接、問い合わせすることで

明らかになるケースもあるそうです。

(クリックで拡大できます)

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする