【悪用厳禁】自動販売機の返戻金詐欺で小銭稼ぎをする輩の手口

スポンサーリンク

ただ歩くだけでも体内の水分を

奪われるこの猛暑の季節ですが

心配であるのが脱水症でしょう。

定期的な水分補給が必須なため

“自動販売機”は砂漠のオアシス。

今回、その”自動販売機”を悪用し

“小銭稼ぎ”をしている輩の存在を

嗅ぎ付けたため手口を公開します。

スポンサーリンク

手口は至ってシンプルなもの。

“自動販売機”の表に記されている

“お問い合わせ先電話番号”に電話。

“1000円札が投入口に入ったまま

反応しない”“お釣りのレバーを

押しても戻ってこない”などと言い

実際に想定されそうなトラブルで

言い掛かりをつける単純なもので

その後に”自動販売機”に記載する

“個別番号”を伝えれば手口は完了。

“自動販売機”を設置する代理店の

対応は以下の2パターンあります。

  1. 修理するため駆け付けます
  2. 現金書留で郵送いたします

勿論、輩が狙っているのは後者の

“現金書留”のケースであり前者の

場合は理由を付け通話を切るだけ。

そのためには”氏名”や”住所”など

個人情報を言う必要がありますが

“身分証”を確認される必要もなく

早ければ“当日”にも発送されます。

周到に準備する輩は、実際にその

現場から電話はせずに、前もって

“自動販売機”の”問い合わせ先”と

“個別番号”だけをスクショで控え

さらに防犯カメラ対策も考慮して

当日起きたトラブルということで

伝えるのではなく、“当日以前”

日付であやふやに伝えるそうです。

勿論、被害金額の大小に関わらず

こういった行為は犯罪となります。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする