【ほぼ無審査】信用情報ブラックでも取得可能なクレジットカードのご紹介3

スポンサーリンク

過去の債務整理や自己破産によって

“クレジットカード”の申込が困難と

なり、仕方なく”デビットカード”を

代用される方も多いかと思われます。

勿論、”デビットカード”特有である

即時決済であれば、銀行口座からの

直結引き落としにより、借金をする

心配も不要、さらに家計収支内訳も

鮮明となるため不便さはありません。

しかし、主流のサブスク定額払いや

社会的ステータスを考ると、1枚は

財布に“本物のクレジットカード”

忍ばせておきたいのが本音でしょう。

今回、俗に言われるブラックの方も

ほぼ無審査で作成が可能と謳われる

“クレジットカード”をご紹介します。

スポンサーリンク

Jトラストマスターカード

国際ブランドは“Master Card”

一択となりますが“デポジット型”

正真正銘の“クレジットカード”です。

“デポジット型”とは、利用可能額と

同等の金額を、事前にカード会社へ

預けておくことで、一般的に出回る

“クレジットカード同様”の使い方で

決済をすることができるというもの。

“プリペイド式カード”と誤解される

方も多いですが、本カードの性質は

“クレジットカードそのもの”となり

サブスク定額払いやレンタルの契約

など“本物のクレジットカード”しか

承認されない決済も可能となります。

勿論、決済する度に”デポジット”を

しなくてはいけない、ということは

なく、通常の”クレジットカード”と

同じように口座振替も利用できます。

(クリックで拡大できます)

利用可能額上限は、カード発行時に

ご自身で決めて入金する金額ですが

そこで預ける”デポジット”は、万一

何かあった場合の“担保”ということ。

これまで”デポジット型”で知名度が

高かった“Lifeカード”も性質は同じ。

しかし“ライフ”“アイフル”などで

過去に事故情報がある場合は審査に

通過することができず、最終手段で

申込したものの、否決メールが届き

悔しい思いをした方もいるはずです。

本カードは発行する企業が宮崎県に

本社を置く”Jトラストカード”となり

審査に関しても完全なプロパーです。

さらに、審査通過後は先にカードが

到着するため、”デポジット”をする

金額を“代引き”で支払う必要はなく

到着後に振込する形ですし、年会費

発行手数料に関しても“後払い”です。

“デポジット”の最小金額は“5万円”

これまで諦めていた方も、ダメ元で

申込をされてもいいかも知れません。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

シェアする

コメント

  1. 借金大王 より:

    先にカードが届いても、デポジットをしてからでないとカードは使えないでしょうか。

    • MK より:

      はい。そうです。JトラストよりライフカードDpのほうが審査は緩いです。Jトラストは旧国内信販です。