Twitterで盛んとなっている処方薬売買の裏事情

スポンサーリンク

提供者

ネオくん

情報内容

通常、“処方薬”は一般的には病院で

診察後に、薬局やドラッグストアで

“処方箋”を提出して手に入れるもの。

しかし、何らかの事情があり病院へ

通院できないという方が、世の中に

多数、存在しており、その方たちが

利用しているのが、SNSの”Twitter”。

現在”Twitter”では、“処方薬売買”

盛んに行われているらしく、病院へ

通院しなくとも、安易に”処方薬”が

手に入る無法地帯となっている模様。

今回、その内情をお伝えいたします。

スポンサーリンク

現在、”Twitter”では下記ワードで

検索すると、堂々と”処方薬”などを

販売するアカウントが表示されます。

#お薬もぐもぐ

(または“処方薬名”

通常なら簡単に入手可能な”処方薬”

や入手困難な”処方薬”まであります。

(クリックで拡大できます)

自分では使わない余った”処方薬”を

“Twitter”を利用して捌いている輩で

当たり前ですが違法となりますので

間違っても接触はしないでください。

取引は大抵、以下の流れで進みます。

  1. DMからメッセージ
  2. 代金を売り手の口座へ先振込
  3. 買い手にレターパックで発送
  4. 追跡番号を伝えて取引成立

何度も言いますが、薬事法違反です。

そして、中には詐欺目的でお金だけ

振込させてドロンするという手口も。

アカウントが詐欺師かどうか見極め

するには、フォロワー数が多いかや

アカウント開始日でも判断できます。

しかし、タダ同然である”処方薬”を

大量にぼったくり値で荒稼ぎをする

輩が、かなり存在しているのは事実。

ミナト
決して悪用は厳禁です

スポンサーリンク
関連記事

投げ銭システムは諸事情により

一度中止させていただきました。

 

これまでご支援いただいた皆様

本当にありがとうございました。

シェアする