私がアカウント売買の錬金術で1週間に8万円を稼いでいる方法

スポンサーリンク

提供者

ミッキー 様

情報内容

先日、あるサイトにて”Facebook”の

“アカウントを高価買取します”という

投稿を見つけ実践したときの話です。

スポンサーリンク

早速相手にメールをしてみたところ

すぐに相手から返信がありメールに

以下”買取条件”の記載がありました。

  • 日本人アカウント
  • アカウント開設から1年以上
  • 友達10人以上
  • 電話・メール認証済み
  • ログイン認証に協力すること

買取金額は“2万円”となり、査定時に

特に状態が良いアカウントの場合は

それ以上の買取も可能とのことです。

それならと思い、以前に使用していた

アカウントの査定をお願いしてみると

“即金買取できます”と言われ、実際に

“LINE Pay”で”2万円”を手にしました。

その後、売却した私のアカウントの

用途が気になり、“まだアカウントが

いくつかあるが、何に使われるのか

少し心配だ”などと聞いてみたところ

その実情を教えてもらえました。

まず、こういったアカウントの買取を

しているのは”ネット広告”を配信する

“個人”または”業者”のいずれかとなり

“Facebookアカウント”に付随される

“ビジネスアカウント”が本来の目的。

“Facebook”では”1つのアカウント”に

対して”2つのビジネスアカウント”が

作成でき、さらにそのアカウントでは

“Facebook・インスタグラム”などで

伝広告を配信することが可能となり

その広告効果が非常に高いとのこと。

買取金額が”2万円”と高額であるのは

上記メリットがあるからだそうです。

さらに、通常の”一般アカウント”と

“ビジネスアカウント”は、お互いに

個人情報や支払い義務の関係もなく

まったくの”別物”であり、買取後は

一般ページには関わらないそうです。

唯一、デメリットは”Messenger”が

使用できなくなるくらいでしょうか。

“Facebook”は、高い広告効果の反面

規約が厳しく、違反が判明した時点で

アカウントが削除されるため、業者は

アカウントを多数必要としています。

ちなみに、上記が理由でアカウントを

売却された方に対し損害賠償請求など

されませんので、その点は安心ですし

アカウント売買行為は”Facebook”の

ガイドラインの上では禁止事項ですが

決して”法律違反”ではありません。

私は現在、”クラウドワークス”内や

金策に困っている友人・知人に対し

“5000円で買取する”などと話をして

買取業者に“2万円”で売却するという

錬金術を行っており、ここ1週間では

“約8万円”ほど収入を得ております。

余談ですが”Facebookアカウント”の

売買は以下サイトで行われています。

RMT.club

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする