【体験談】消費者金融・クレジットカードの支払い滞納~3ヶ月目までの流れ

スポンサーリンク

提供者

ケンタス 様

情報内容

今年はコロナによって失業したり

収入が減ったりで、消費者金融や

クレジットカードの返済が滞って

しまう場合もあるかと思われます。

その際、業者からどういった連絡が

くるのかや、もし支払えない場合の

対応が分からない方も多いはずです。

今回、そんな万一の事態にときに

予備知識を蓄えたりや、気持ちに

余裕を持ってもらえると助かると

思い、私の体験談をご紹介します。

スポンサーリンク

消費者金融

①レイク

支払い日を超えた次の日に電話が

鳴り、その後に督促の手紙が届く。

手紙には”早急”にと書いてあるが

何日間か猶予はあり、連絡すれば

“利息だけ”の提案など対応は柔軟。

但し、遅延損害金は規定通り発生。

②プロミス 

支払い日を超えても、しばらくは

電話や手紙など音沙汰は一切なし。

但し、親会社である三井住友銀行の

ードローンを利用している場合は

どちらからも督促がくるようになる。

③アイフル・アコム

経験上、電話・手紙は延滞後すぐは

こなく、あったとしても催促は緩い。

クレジットカード

延滞しても約2週間は音沙汰なく

“3パターン”の手紙が順次、届く。

1つ目に届くのはコンビニ払込票と

“お支払いをお願いします”の手紙。

2つ目も同様、但し”事前電話”あり。

3つ目ぐらいから封筒の色が変わり

“進展”・”緊急”・早急”などが明記。

この辺で1ヶ月くらいでまだセーフ。

これを過ぎると”催促状”が届きだし

“とにかく電話をください”の案内に。

この時点で電話すると”1回分だけ”や

“分割”など対応は柔軟にしてくれる。

それでも無視していると、いよいよ

弁護士と裁判所の言葉がでてきます。

勿論、これにも猶予はありますので

ちゃんと連絡して支払えば問題なく

すべてカード会社との交渉次第です。

この辺で延滞から3ヵ月くらいですが

自宅付近に調査員がうろつきだしたり

カード会社の社員が訪問してきます。

カード会社が”債務者本人”の所在を

知りたい目的で来訪しているのなら

“知らない”や”居ない”でも対応可能。

そして内容証明の後に提訴されれば

“まとめて精算”のお知らせがきます。

勿論、債務整理していれば無害です。

名村法律事務所

これら私の体験談から、リミットは

概ね”3ヶ月”というところでしょう。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする