【最大貸付120万円】緊急小口資金から総合支援資金まではエスカレーター式!

スポンサーリンク

提供者

ミニマムベット 様

情報内容

先日、“緊急小口資金”について

借入の体験談を提供された方へ。

提供者 ゆー 様 情報内容 社会福祉協議会の"緊急小口資金"。 恐らく、ほとんどの方にとって...

もし”緊急小口資金”で不足の場合に

“総合支援資金”として、上記終了後

さらに“最大20万円×最長6ヶ月”

“合計120万円”の貸付が受けれます。

スポンサーリンク

生活福祉資金の特例貸付

返済期間は“10年間”とかなり長く

無利息で、しかも保証人不要です。

さらに貸付額は世帯2人以上の場合

“20万円”で、1人世帯でも“15万円”

上記が“3ヶ月連続”で振込されます。

申込は”緊急小口資金”の貸付申込後

“2週間以上”空ける必要があります。

地域によっては”緊急小口資金”の後

職員から”こちらも受けませんか”と

反対に推奨してもらえる場合もあり。

まずは、お近くの社会福祉協議会に

電話して訪問日を予約しておきます。

持参するものは、”緊急小口資金”の

借入の際と同じく“身分証”“印鑑”

“キャッシュカード”ですが、これも

地域によっては、”緊急小口資金”の

ときに提出した書類を流用するため

すべてを省略できるときもあります。

一般的には下記の書類が必要と明記。

  • 身分証明書
  • 住民票の写し
  • 通帳(キャッシュカード)
  • 銀行印

など。

審査に関しても、”緊急小口資金”を

借入できた方なら問題ないでしょう。

“CIC”など信用情報も見られません。

実際の貸付金の受け取りは、申請後

約3週間後に1回目“20万円”が入金。

2回目、3回目は翌月1日。

(地域によって入金日は異なります)

“2020年内”の貸付の場合、3回目の

終了後にさらに“延長のお知らせ”

届き、自立支援機関へ相談の有無を

聞かれますが、それを突破できれば

さらに“3ヶ月間の延長”が可能に。

つまり、2人以上の世帯である場合は

“20万円×6か月”となり“120万円”

無利子で貸付されるということです。

私の場合、初回入金が25日でしたが

2回目は翌月1日に入金されたために

実質”1週間程度”の連続入金となって

その時期では、かなり助かりました。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

シェアする

コメント

  1. ゆー より:

    緊急小口資金の情報を提供した物です。
    そんなのもあったのですねぇ。知りませんでした。120万借りれたら素敵ですが返済怖いですねぇ〜笑