どう足掻いても人生が詰んだ方へ【衣食住編】

スポンサーリンク

提供者

すーくん 様

情報内容

借金などのお金の悩み、もしくは

家族や夫婦の悩みを抱えている方

はたまた、何をしても今の人生が

上手くいかずに消沈されている方。

立て直すチャンスはまだまだあり

選択肢は、人の数だけ存在します。

それでも考え抜いた末、選択肢が

一切、思い浮かばないのであれば

“大阪・西成区”に行きましょう。

スポンサーリンク

この日本の中でも屈指のカオスな

街とも呼び声高い“西成区”ですが

世間が思っているよりも普通です。

格安航空や夜行バスを利用すれば

交通費も下記、最低限で済みます。

  • 札幌から大阪:約6000円
  • 福岡から大阪:約4000円
  • 東京から大阪:約2000円

“西成区”まで来れば、貴方がどんな

状況であっても、その日から温かい

ご飯が食べれますし、寒さを凌げる

寝床に付くこともできるでしょう。

生憎、女性は受け入れられませんが

男性であれば年齢は関係ありません。

“西成区”へ到着したが、いざどこに

行っていいか分からないという方は

“三徳寮”の住所へ向かってください。

三徳寮(三徳生活ケアセンター)

ここでは1ヶ月の内“14日間”ですが

“3食+寝床”を利用することが可能。

資格や条件なども必要ありませんし

焦って名前を言い間違えたとしても

“手持ちの現金が500円しか無い”

伝えるだけで入所できる神施設です。

費用は勿論“無料”ですし”14日間”と

言いましたが粘れば日数も増えます。

それでも残り日数の寝床を確保する

なら、”三徳寮”の真裏の場所にある

“単発シェルター”を利用しましょう。

ご飯はありませんが、寝るだけなら

“無料”、競争率も低くオススメです。

(環境は余り良くありませんが)

このように”西成区”では、身分証や

お金、携帯、何も無い方であっても

寝床に入ることが可能、その住所に

住民票を移して再起も十分できます。

但し、本当の意味で再起をするなら

“生活保護”を考える必要があります。

区役所に相談すれば、その日の内に

部屋に入れますし、食料に関しては

カップ麺などの軽食なら“保護費”

支給されるまで“後払い”で購入可能。

申請の段階で“5000円”程度であれば

借りることができますし、周りでは

“100円”で衣類が売っていますので

取り敢えずの身なりも整えられます。

肉体労働が可能、作業着と安全靴が

用意できるのであれば“日当1万円”

仕事も常時募集していますし、もし

体が動かない方は、ハローワークで

清掃の仕事が抽選で受付しています。

本当にどうにもならない状況の方も

“西成区”であれば、今の悪い体制を

立て直せる土台が用意されています。

救護・生活困窮者支援

“西成区”には、上記のような施設が

山ほどありますので、”生活保護”の

申請が最低条件ですが、再起できる

機会が多く用意されている場所です。

人生を諦めて最悪の決断に至る前に

取り敢えず”西成区”へ行きませんか。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする

コメント

  1. 匿名 より:

    西成区に移住した瞬間人生詰みます。
    あの環境はかなりヤバイのでオススメしません!カイジの地下レベルです。ら