借金踏み倒し中の私がクレジットカードを作成できたという夢の話

スポンサーリンク

提供者

たつ 様

情報内容

当方”500万円”の債務を抱え4年間

放置している神聖ブラックですが

一般的な“クレジットカード4枚”

“ゴールドカード1枚”が所持できた

“夢”を見ることができたのです。

勿論、流行りの”デポジット型”では

なく普通の“クレジットカード”です。

そんな素晴らしい私の”夢”の内容を

共有させていただければと思います。

スポンサーリンク

“クレジットカード”の申込方法は

ややこしい裏技ではなく、名前を

“読み違い”、生年月日を“適当”

するというシンプルな方法でした。

例えば、以下の人物を想定します。

氏名:真田徹

フリガナ:サナダトオル

生年月日:1991年9月28日

それを、下記のように改変します。

氏名:真田

フリガナ:サナダトオル

生年月日:1993年8月25日

たったこれだけのことになりますが

簡単に審査に通過してしまいました。

でも、もし名前や生年月日が違うと

達の際にされる“本人確認”のとき

困ったり、仮に口座振替を設定して

簡易書留郵便にできても、そもそも

途中の銀行認証で引っ掛かるのでは

と疑問もありましたが大丈夫でした。

“本人確認”での配達を避けるために

事前に口座振替を設定して、配達を

簡易書留郵便にすることは必須です。

そして、口座振替画面で入力する際

信用金庫以外の銀行であれば、まず

カード会社による認証が行われた後

指定した銀行のサイトに飛びますが

“サナダトオル”というキチンとした

名前で申込をしているお陰もあって

銀行側で弾かれることはありません。

そこで生年月日も入力するのですが

クレジット会社側に改変後の数字で

申込をし、銀行のサイト側で正しい

生年月日を入力するだけで、何故か

“申込を完了しました”という結果に。

当たり前ですが、ブラックであれば

審査には落ちますが、入力したのは

姓同名ですが漢字が違い、さらに

生年月日も違うため”別人扱い”です。

ブラックとバレることはありません。

申込は比較的、審査が緩いとされる

“NICOS”や”yahoo!”などで実践を

試みた方が良いかと思われます、が

勿論、”夢”の話ですので実行は厳禁。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする

コメント

  1. りゅ より:

    さすがに難しそう。
    審査の段階で身分証提出あるのでは??

  2. 名無し より:

    これは無理な話ですよね。 カード申込みから金融機関に飛んだ際に申込みした生年月日で向こうに情報が行く時点で修正もできないのであまりに無理な話ですね

  3. まゆ より:

    私はこちら見て申し込みしましたよ。
    審査に通るかは分からないですけど確かに記載した生年月日と銀行側での生年月日に違いがあっても申し込み自体は出来ました!

  4. より:

    申し込みはそりゃ出来るけど、カード受取り時は更新や変更以外の新規発行は本人限定必須でしょ?
    だいち話が元々破綻し過ぎている、こんな事で作れるほど甘くはないよ

  5. ストラーダ より:

    そのように、申請しましたが2社とも落ちました。
    なぜ?でしょうか。