【保存版】楽天市場お買い物マラソン完全攻略【ポイント最大44倍+α】

スポンサーリンク

大手通販ECサイト”楽天市場”の

イベント“楽天お買い物マラソン”

はご存知の方も多いはずでしょう。

しかし期間中の買い物することで

“楽天ポイント”が多く貰えるのは

理解できるが仕組みが分からない

もしくは、そういったイベントに

興味がない方もおられるでしょう。

今回、”お買い物マラソン”のより

分かりやすいご説明と、無駄なく

買い回れる攻略法をご紹介します。

お買い物マラソン

スポンサーリンク

SPUプログラムとは

通常、楽天市場で買い物する際は

“ポイント1倍”、つまり”100円”の

買い物をする度に“1ポイント”

付与されますが、下記サービスの

利用・契約などで条件達成すれば

さらに”ポイント”が付加されます。

楽天モバイル+1倍

楽天ひかり+1倍

楽天カード+2倍

楽天銀行×楽天カード+2倍

楽天保険×楽天カード+1倍

楽天証券+1倍

楽天トラベル+1倍

楽天市場アプリ+0.5倍

楽天ブックス+0.5倍

楽天kobo+0.5倍

楽天pasha+0.5倍

Rakuten Fashion+0.5倍

楽天TV+1倍

楽天ビューティ+1倍

すべてを合計すると“15倍”となり

スタート時の”1倍”に加算すれば

“最大16倍”まで上げることが可能。

上記の”ポイント加算プログラム”を

楽天市場では“SPU”と呼んでいます。

お買い物マラソン基本編

“16倍”だけでも相当な還元ですが

この”お買い物マラソン”を上手く

買い回りすれば、”SPUとは別”に

“1万ポイント”付与されることに。

“お買い物マラソン”は買い物する

“ショップ数”に応じて付与される

“ポイント”が増していくシステム。

1ショップ目:1倍スタート

2ショップ目:1倍+1倍

3ショップ目:1倍+2倍

上記の流れで”1倍”ずつ加算され

“最大10倍(1倍+9倍)”となり

10ショップ目までは階段式です。

付与される条件は以下の通り。

  • 購入金額1000円(税込)以上
  • 上記はクーポン値引き後の金額
  • 送料・ラッピング代は含まない
  • 楽天ポイントでの支払い可
  • 同一ショップは1回のカウント

例えば”1000円×10ショップ”で

買い回りすればポイントは”10倍”

“1000ポイント”が還元されます。

3ショップで”10万円分”買い物を

すれば”ポイント+3倍”ですので

“3000ポイント”獲得できますが

“同じ金額”を6ショップに分けて

買い物するだけで”ポイント+6倍”

“6000ポイント”が得れることに。

つまり、生活用品であれ何であれ

ショップ数を小分けにすることが

“お買い物マラソン”の考え方です。

お買い物マラソン応用編

さらに“SPU+15倍”やショップ毎に

行っている”個別ポイントアップ”の

“+19倍”を、すべて組み合わせれば

期間中に“最大44倍”まで膨らみます。

例えば、”楽天モバイル”の端末は

“UN-LIMITキャンペーン”併用で

購入すれば大幅還元を見込めます。

(クリックで拡大できます)

また、楽天名物“5と0の付く日”

買い物は、事前エントリーすれば

“上記とは別”にポイントの還元も。

現在、購入資金に余裕がある方で

“SPU”の組み合わせで最大倍数を

狙う方は“SPUのポイント上限”

関して知っておく必要もあります。

楽天モバイル+1倍

楽天ひかり+1倍

楽天カード+2倍

楽天保険×楽天カード+1倍

楽天証券+1倍

上記5つの”SPU”に関してだけは

1ヵ月間の”最大ポイント獲得”を

“5000ポイント”に制限しており

“50万円分”を超えて購入された

金額以上は反映されない仕組み。

(クリックで拡大できます)

つまり、仮にキャンペーン予算が

“50万円以上”ある場合は、翌月へ

繰り越して購入する方がお得です。

余談ですが”お買い物マラソン”でも

無駄な買い物や欲しくもない商品で

出費をしてまで参加したくない場合

“楽天ふるさと納税”を買い回りして

予算に近い”返礼品”を貰うのも手。

楽天ふるさと納税

残念ながら7月分は“26日”で終了と

なりますが、”お買い物マラソン”は

毎月、行われている目玉企画です。

完走できる手段さえ覚えておけば

“ポイント”を楽に搾取できますし

どうせ通販を利用するなら還元は

多いに越したことはないでしょう。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

投げ銭システムは諸事情により

一度中止させていただきました。

 

これまでご支援いただいた皆様

本当にありがとうございました。

シェアする