Paidy(ペイディー)による後払い詐欺に注意喚起

スポンサーリンク

“Amazon”の決済へ導入されて以来

急激に需要が増している後払い決済

“Paidy”ですが、フリマアプリでの

不正取引に利用されているようです。

Paidy翌月払いについて

今回は、その手口の詳細の話。

スポンサーリンク

詐欺師は家電量販店の通販サイトで

販売されている商品と“同じ商品”

フリマアプリ“メルカリ”に出品。

商品が売れた際は、家電量販店から

“Paidy”を利用し商品を注文します。

上記商品の“発送先”は家電量販店から

直接、購入者へ届くように設定する。

商品が無事届いた購入者は、通常通り

“評価”を行い取引は完了、詐欺師には

“メルカリ”から代金が反映されます。

その後、”詐欺師”は“Paidy”の請求を

当たり前に支払うことはありません。

“請求書”は事前に購入者へ届くように

設定してありますので、それを誤って

購入者が“支払いする”のを待つだけ。

勿論、支払わない場合でも詐欺師に

害が及ぶことはなく、”メルカリ”の

代金を“出金”して逃げるだけです。

“ヤマダ電機”など大手家電量販店では

すでに対策が始まっているようですが

利用できる通販サイトもまだまだ多く

“Paidy”も至急改善が必要でしょう。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする