【PayPal】空送金の抜け穴に注意喚起

スポンサーリンク

“PayPal(ペイパル)”は、自身の

アカウントにクレジットカードや

銀行口座を事前に登録しておけば

ネットで”PayPal”を導入している

サイトでの買い物を簡潔に行える

オンライン決済サービスです。

PayPal

近年、この”PayPal”の仕様を利用し

“空送金”と呼ばれている架空取引が

蔓延していることから、犯罪抑止と

注意喚起のため、お知らせします。

スポンサーリンク

“PayPal”内で設定できる銀行口座は

現時点、下記6行となっております。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

いずれかの銀行を登録しておけば

“PayPal”を通して決済をする際に

口座より自動的に”引き落とし”を

してくれるという便利なもの。

所謂”デビットカード”と同じ類です。

但し、”PayPal”を介し決済した場合は

若干のタイムラグがあり、決済日から

土日祝を除く“4営業日後”に口座より

引き落としされるといわれています。

冒頭で申し上げた“空送金”とは

そのタイムラグを利用したもの。

銀行口座に”決済予定の金額”を

入金していないのにも関わらず

“後払い”と誤信して、買い物を

されてしまう方が増えています。

さらには”PayPal”の“個人間送金”

利用し、送金する金額が口座残高に

ないにも関わらず“別アカウント”

送金してしまう方までいるようです。

お金の送金リクエスト・集金方法

勿論、”PayPal”側も送金する金額が

大きい場合は、自動セキュリティを

用いて”エラー”にさせるようですが

“少額(5万円以下など)”の場合は

その穴もすり抜けてしまうのです。

上記のような悪質なアカウントには

アカウント制限が掛かることもあり

最悪の場合は”強制解約”となります。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする