【PayPay新規加盟店】個人事業主・無店舗でも1万円キャッシュバック

スポンサーリンク

大規模還元で話題となったスマホ決済

“PayPay”では現在、新規の加盟店を

募集しており、加盟店となり”条件”を

満たすことで最大“1万円”がもらえる

キャンペーンを行っています。

PayPay

加盟店と聞けば難しい印象ですが

実際は”店舗”を構える必要はなく

“無店舗かつ個人事業主”で申請を

しても、加盟できてしまうのです。

さらに、初期導入費用が“0円”

決済手数料も“0円”ともなれば

この機会を逃す手はありません。

今回は、無店舗で加盟店となって

“1万円”をもらえるまでの流れを

順を追って、ご説明いたします。

スポンサーリンク

PayPay加盟店までの流れ

“PayPay”の加盟店申込の画面から、

簡単な入力フォームから情報を送信。

(クリックで拡大できます)

入力したアドレスに”PayPay”より

本申込画面へのリンクが届きます。

大前提として、個人事業主の場合は

“確定申告書”など面倒な書類もなく

代表者の“身分証”のみの提出です。

但し、”業種”によっては“追加書類”

必要ですので下記をご参照ください。

(下記以外の業種であれば“不要”

(クリックで拡大できます)

本申込・身分証提出を済ませたら

“PayPay”の審査を待つだけとなり

最短“1日前後”で通知されます。

新規加盟店推進のためか、または

審査に柔軟であるのか、結果まで

“電話”すらない方も多いようです。

1万円キャッシュバックの流れ

“審査可決”の場合は、1週間前後で

“PayPayコードキット”が届きます。

その後は“1万円”をもらうために

以下の決済をする必要があります。

(クリックで拡大できます)

要約すると、審査可決後35日以内に

10人に”PayPay”による決済を行えば

2019年10月末に売上口座へ1万円が

キャッシュバックされるというもの。

現在であれば、受け入れの間口も広く

誰もが申請できる機会になりますので

これを機に個人事業主としての一歩を

踏み出してもいいかも知れません。

尚、”PayPay”の入金日は最短で翌日、

手数料も“0円”と破格の仕組みですが

“PayPayコードキット”を”現金化”に

利用しないようお願いいたします。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする