大学の学費を安くする裏技

スポンサーリンク

提供者

oka 様

情報内容

大学進学率が年々上昇する現代、大学卒業が当たり前のような風潮が蔓延っておりますが、その裏で奨学金の返済未払いがたびたび問題にあがっています。

今回は大学の学費を安くする裏技をご紹介します。

新聞奨学制度

結論から申し上げますと、

新聞奨学制度】を利用してください。

新聞奨学制度とは、新聞配達をしながら学校に通い、給与とは別に最大520万円の給付型奨学金を受け取ることができるもので、さらに必要であれば無料の宿舎や食事が提供されます。

新聞社によって要件要項がさまざまなので今回は朝日奨学会を例に上げさせていただきます。

朝日将学会には4つのコースがあります。

Aコース:
1日平均6時間程度の業務、最大520万円の奨学金、約17万円のお給料

Bコース:
1日平均5時間程度の業務、最大440万円の奨学金、約14万円のお給料

Cコース:
1日平均5時間程度の業務、最大360万円の奨学金、約14万円のお給料

進学準備コース(1年制):
1日平均5時間程度の業務、1年間で定額60万円の奨学金

また、就職活動時には朝日奨学会から「就職推薦状」が発行されるため、就活で有利になる可能性もあります。

これだけみるとメリットばかりのようにも思えますが、朝が極端に早かったりといったデメリットとあるためきちんと自分に合った新聞社やコースを選ぶ必要があります。

今回は大学の学費を安くする方法をご紹介しました。

「家族に負担をかけたくない」「卒業後、返済に追われたくない」という方はぜひご検討ください。

ミナト
ミナト
決して悪用は厳禁です

スポンサーリンク
関連記事

シェアする