【賃貸お住まいの方必見】家賃交渉で固定費を削減しよう!【交渉方法紹介】

スポンサーリンク

提供者

mucc+ 様

情報内容

みなさんこんにちはmucc+です。
今回は、家賃交渉で毎月の固定費を削減する方法の紹介です。

家賃交渉とは

家賃交渉とは、賃貸住宅に住んでいる場合に現在の家賃を下げてもらうよう大家さんや管理会社と交渉することです。
家賃交渉が成功すれば、満足度を下げることなく、毎月の固定費を下げることができますよ。

家賃交渉方法

では具体的な交渉方法の紹介です。
①既に入居済みの場合
・近隣家賃調査
 まず、近隣(自分が住んでいる建物だと尚良し)の同間取りの家賃をスーモなどの不動産 サイトで検索して、自分の部屋の家賃と比べましょう。
 自分の部屋の家賃が高い場合、今後 の交渉がしやすくなります。
・交渉
 管理会社or大家さんと交渉します。その際には以下の伝え方に注意しましょう。
・伝え方
 「私の部屋の家賃は75,000円ですが、同じマンションの◯号室は家賃70,000円で募集が出ていました。◯号室と同額の70,000まで下げてもらえれば、長期間住み続けようと思います。」
のように伝えてみましょう。

②これから入居する場合
入居時の方が家賃交渉はしやすいでしょう。
1月〜4月の書き入れ時をを逃すと入居するお客さんが減るので、大家さん的には、常識的な範囲内の値下げ交渉であれば、やむを得ないと思う大家さんもいるでしょう。

ポイント

ポイントは、「値下げしてもらえれば、長く住む」と相手にもメリットを示しながら交渉することです。

大家さんというのは、出ていかれて空室になることが一番痛いです。
一度出ていかれると、内装クリーニング、鍵交換、再募集などの期間を踏まえると、通常数カ月程度は空室期間が発生します。
仮に5,000円家賃を値下げしても長期間住んでもらえるのであれば、値下げを認める大家さんも多いと思います。

注意点

①家賃交渉は、あくまでも大家さんの合意があって初めて成立するものです。大家さんが合意しなければ、家賃値下げは成立しません。

②値下げの相場は、最大でも1割程度でしょうか。
あまりにも大幅な値下げ要求は、大家さんの心象を害して、今後のお付き合いに支障が出る可能性があります。

③交渉はいつでも可能ですが、入居や更新の時期の方が交渉しやすいですのでタイミングを逃さず交渉してみましょう。

おわりに

家賃交渉で固定費削減方法の紹介はいかがでしたか?
交渉自体はノーリスクですので、賃貸にお住まいの方はぜひ挑戦してみてください。
では、また次回お会いしましょう!

ミナト
ミナト
決して悪用は厳禁です

スポンサーリンク
関連記事

シェアする