SIM不要でSMS認証突破~Twitterアカウント凍結を防ぐ

スポンサーリンク

普段の日常の思いを容易に呟くことが

できる人気SNSアプリ“Twitter”ですが

利用されている方も多いと思います。

“メールアドレス”で登録ができますし

もう1つの裏の顔“裏垢”で毒を吐いて

ストレス発散できるのも醍醐味です。

しかし、過度な”フォロー・DM”や

“違反行為”などが見つかった場合に

困るのは“アカウント凍結”でしょう。

凍結を解除するためには電話番号を

登録する“SMS認証”が必要不可欠に。

“異議の申し立て”から凍結の解除を

試みる方法もありますが、長ければ

“1ヶ月以上”掛かることもありますし

挙句の果てに“解除されない”などと

いう結果で終わってしまうことも。

そんな窮地の事態で役に立つのが

“SNS認証サービス”になります。

スポンサーリンク

“SNS認証サービス”と聞いて、まず

思い付くのは“text Plus”や改良版の

“Next Plus”であるかと思われます。

しかし残念ながら上記無料アプリで

“Twitter”の鉄壁である”SMS認証”を

突破することができないのが現状。

そこで“2ドル”の費用は掛かりますが

確実に、その鉄壁を崩すことができる

“SMS認証サービス”をご紹介します。

Pvaverify

初期画面で”メールアドレス”と好きな

“パスワード”を入力すれば登録完了。

(クリックで拡大できます)

その後、画面に”電話番号”との表示が

されますが、現在は”課金前”ですので

無視して上部の“クレジット”を選択。

上から順番に金額が並んでいますが

購入は上部の“2ドル”で構いません。

支払い方法は“PayPal”経由、もしくは

“仮想通貨”どちらかを選択できます。

(クリックで拡大できます)

無事”クレジット”が購入できた後は

前画面に戻り“サービス”の一覧から

“Twitter”を選択して“リクエスト”

クリックすれば番号が発行されます。

(クリックで拡大できます)

アメリカの電話番号となりますので

“Twitter”の”SMS認証”では“+1”

後に続けて番号を入力していきます。

“2ドル”は格安な値段設定ですが

その分、“時間制限”もありますので

“認証”が間に合わない場合は追加で

課金する必要もありご注意ください。

余談ですが、”PayPal”に登録ができる

クレジットカードは、コンビニなどで

販売中の“Vプリカギフトカード”でも

対応できてしまうことから、“匿名”

“Twitterアカウント”なども作成可能。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする

コメント

  1. […] SIM不要でSMS認証突破~Twitterアカウント凍結を防ぐ普段の日常の思いを容易… […]