楽天スーパーポイントを現金化~正攻法(88.3%)&邪道(101.5%)

スポンサーリンク

“楽天市場”などを経由した買い物や

“楽天カード”の利用によって貯まる

“楽天スーパーポイント”の使い道に

お困りではなかったでしょうか。

“ANAマイル”への交換など、目的が

あれば貯めるのも苦ではないですが

使い道がない方は、“現金”への交換が

用途も広がって喜ばしいことです。

今回は、”楽天スーパーポイント”の

現金化手段を、正攻法・邪道を含め

いくつかご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

楽天市場では上記ポイントを利用して

“ギフト券”各種が購入できるショップ

“商品券販売センター”が有名です。

商品券販売センター

以下は販売されてる”ギフト券”を

一覧にして”チケット大黒屋”での

買取価格に照らし合わせた表です。

(クリックで拡大できます)

表では“全国百貨店共通券”の換金率が

“88.3%”と高いですが、大黒屋と別の

金券ショップでは、それ以外の券種の

それ以上の換金率が見込める可能性も

ありますので、断定はできかねます。

また、わざわざ現金化をしなくとも

“特定の場所”の利用に限るのであれば

“楽天Edy”への交換が最も近道です。

ポイントチャージ

コンビニ・ドラッグストアなどや

家電量販店、さらにAmazonまで

“楽天Edy”だけでも様々な場所で

買い物に利用することができます。

Edy(楽天ポイントカード)

楽天Edyが使えるお店を探す

反して、フリマアプリ”ラクマ”内では

“複数のアカウント”を作成することで

“現金化”のために出品した架空商品を

“楽天スーパーポイント”で購入したり

さらに”ラクマ”で定期的に配信される

“5%クーポン”を追加使用することで

手数料”3.5%”を差し引いたとしても

“101%以上”の換金率となる現金化を

行う悪質アカウントが存在します。

勿論、これらは”邪道な手段”であり

最悪アカウントの利用制限や凍結も

考えられますので、ご注意ください。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする