Twitterから存在が消える~シャドウバンの原因&対策を考察

スポンサーリンク

“Twitter”で、いくら投稿しても

相手側に何も表示されない現象に

遭遇した経験はあるでしょうか。

投稿内容は自身のアカウントからは

確認できるため、こういった現象に

なっているかどうかも気付きにくい。

自身の存在を消されたかのような

このペナルティ、”Twitter”上では

“シャドウ(影)バン(禁止)”

呼ばれており何故か”Twitter”側も

この行為について認めていません。

ある種、凍結されるよりも厄介な

この”シャドウバン”、今回はその

原因と対策について考察します。

スポンサーリンク

まず自身の”Twitterアカウント”が

“シャドウバン”されているか否か

確認できるサイトをご紹介します。

Twitter Shadowbanテスト

使い方は簡単、検索窓に自身の

アカウント名を入力をするだけ。

(クリックで拡大できます)

画像の赤枠の項目が正常であれば

現在、問題はないということです。

“Suggestion Ban”が異常な場合

ツイートする内容が”Twitter側”に

“不適切”と判断され、閲覧する側が

センシンティブな内容を表示しない

設定にしている場合、排除されます。

“Search Ban”は名称の通りですが

他のユーザーからの検索される際に

表示されにくくなっている状態です。

“凍結”であれば納得するものの

誰にも知られずに存在が消える

“シャドウバン”に関してだけは

明確に理由が判明していません。

しかし口コミから考察する原因は

以下行動に繋がりがあるようです。

  • 同じ内容のツイート
  • 画像・URLが同じツイート
  • ハッシュタグが同じツイート
  • ハッシュタグの数が多過ぎる
  • 個人情報が含まれるツイート
  • Twitterリミットの超過

など。

上記以外にも”Twitter”のヘルプに

記載の”ガイドライン”に抵触したり

“自動投稿ツール”を利用していたり

一般的な感覚で”不真面目”な投稿は

“シャドウバン”の対象となります。

“シャドウバン”の対策についても

確実な策は明らかではありません。

しかし、以下の行動をとることで

解除できたとの口コミがあります。

①興味関心データの削除

以下の順番から設定画面に進み

“興味関心データ”にある項目を

すべてのチェックを外すことで

解決に至ることもあるそうです。

  1. 設定とプライバシー
  2. プライバシーとセキュリティ
  3. カスタマイズとデータ
  4. Twitterデータを見る
  5. 興味関心と広告のデータ
  6. Twitterから取得した興味関心

②Twitterサポートに問い合わせ

こちらは以下の順番でフォームまで

進み、”問題の詳細”に現在の状況を

入力し”Twitter側”の返信を待つ形。

  1. ヘルプセンター
  2. 報告する
  3. すべてのサポートトピックを表示
  4. 検索
  5. 自分が投稿したツイート

③何もしない

放置することで”シャドウバン”が

自然に解除されることもあります。

根気は必要ですが、上記対策でも

解決できない場合は潔く粘ります。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする