【日本初】損保ジャパンが置き配による盗難・破損を補償対象に【悪用懸念】

スポンサーリンク

広いビジネスの分野で”非対面”が

推奨・実践されていく現代ですが

それは対個人でも同様のことです。

主流のネットショッピングでは

荷物の受け渡しだけは否応なく

接触してしまう瞬間となります。

そんなときに大変便利であるのが

“非対面”の要、“置き配”でしょう。

宅配ボックスや専用”置き配バッグ”

あるいは玄関前に荷物の直置きなど

一切、宅配業者と接触することなく

荷物の受け取りができ、面倒だった

再配達が一切不要となるメリットも。

ただ不安視されているのは、時代と

逆行する、その脆いセキュリティ面。

“置き配”されたことで“傷が付いた”

“荷物を置いた・置いていない”など

この先進国で信じ難い水掛け論です。

そんな中、来年より大手保険会社の

“損保ジャパン”では、通常の補償の

範囲に加え、この“置き配”に対する

“盗難・破損”も対象となるとのこと。

スポンサーリンク

“置き配”が補償の適用となるのは

“個人用火災総合保険”という商品。

火災保険・地震保険

そして、補償対象となるケースは

以下状況での“盗難・破損”の場合。

  • 宅配ボックスに配達された荷物
  • 置き配バッグに配達された荷物
  • 玄関前に配達された荷物

“置き配補償”が追加されたことで

保険料の値上がりはありませんが

“保険始期日”“2021年1月1日”

以降になっていることが条件です。

つまり、既存で加入している保険は

補償外となってしまうため、新しく

上記保険へ加入する必要があります。

NEWS RELEASE(PDF)

この補償の拡大によって、これまでは

心配だった高額商品の”置き配”に対し

利用者側には安心材料が増える一方で

保険会社側では”置き配”されたことで

“盗難された”“商品が傷付いた”など

自作自演で“補償金詐取”を目論む輩の

対策も考えなければなりません。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする