【現代版】匿名スマホ(SIM)の作成事情【悪用厳禁】

スポンサーリンク

昨年6月、通信傍受法改正により

当局の犯罪捜査が幅広くなる反面

今では日本国民のプライバシーは

筒抜けになっているという噂です。

犯罪捜査のための通信傍受による法律

過去、犯罪によく利用されていた

違法滞在の外国人などから安易に

購入ができた“プリペイド携帯”

名義人不明の“飛ばし携帯”の存在。

しかし、2005年以降施行された

“携帯電話不正利用防止法”により

本人確認の義務付けを含め、一層

取り締まりも厳しくなりました。

大規模特殊詐欺グループ組織など

仕入ルートが確立しているのなら

話は別ですが現代の“匿名携帯”

事情はどうなっているのでしょう。

スポンサーリンク

スマホ本体についてはショップや

リサイクルショップで売っている

中古品を購入、勿論、その際には

身分証を提示する義務はないため

クレジットカードなどを利用せず

“現金一括払い”で購入しています。

勿論、購入後は“位置情報”などの

あらゆるGPS機能はすべてオフに。

“Twitter”などはメールアドレスで

登録できますので”フリーWi-Fi”を

利用すればSNS程度であれば可能。

“IPアドレス”から身バレするのを

防ぐため自宅のネット環境などに

紐付けさせないよう気を付けます。

さらに”音声通話”を希望する場合

“音声通話SIM”には、上記法律に

より身分証が必要となってきます。

従って音声に関しては”アプリ”を

利用する他ないことから、まずは

訪日外国人向けに販売されている

“トラベルSIM”を手に入れます。

“トラベルSIM”は空港の自販機や

家電量販店でも安易に購入が可能。

(クリックで拡大できます)

“Amazon”などの通販サイトは

足が付くため利用しないように

気を付けているとのことです。

“トラベルSIM”で”データ通信”が

できるようになれば、何かしらの

“通話アプリ”をインストールして

“匿名スマホ”を完成させる手口。

My050(iPhone)

My050(Android)

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする