ユニクロの返品対応が神過ぎる件

スポンサーリンク

ユニクロで販売されている商品は

高品質、低価格の高コスパとなり

誰しも一度は買い物されたことが

あるのではないでしょうか。

しかし、高コスパな買い物であっても

返品せざるを得ないときがあります。

今回は、そのユニクロの返品対応が

“神過ぎる件”についてご紹介します。

スポンサーリンク

通常の返品の場合

購入から3ヶ月以内であれば返品が

可能との旨がHPに記載しています。

(クリックで拡大できます)

レシートを紛失している場合

HP上では“返品不可”との記載があり

消沈されるかもしれませんが、実は

真摯に“お願い”すれば、質疑応答は

ありますが、対応していただけます。

“レシートがない”ということは

つまり、いつ購入をされたかも

不明な商品でも可能ということ。

余談ですが、GUであればレシートが

なくても返品は対応可能となります。

試着済みやタグを外した場合

すでに着用済みの商品や、タグさえ

取り外している商品を返品するのは

流石に厳しいのではと思われますが

実はこちらも同様に返品が可能です。

以下、HPの記載となります。

(クリックで拡大できます)

また、上記記載には期間限定価格の

商品であっても返品が可能とのこと。

中には“セール時期”に商品を購入し

“セール終了後”に返品を申し出ると

“定価(セール終了後)”にて返金が

された、との口コミもありましたが

真似をなさらいようにお願いします。

クレジットカードで購入の場合

クレジットカード以外にも、現在は

電子マネーなど支払い方法も多様に

ありますが、現金以外での支払いは

すべて“現金”での返金となります。

(クリックで拡大できます)

但し、”後払い”で購入された場合は

“決済会社”へ返戻される仕組みです。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする