郵便局キャッシュレス化~クレジットカード利用可能に【現金化禁止】

スポンサーリンク

日本郵便が来年2月より郵便局の

窓口にて“キャッシュレス決済”

導入することを発表いたしました。

2020年2月に全国の郵便局の内

65局が導入し、同年5月までには

約8500局が対応可能となります。

今回はその詳細と今後、懸念される

不安材料についてお伝えいたします。

スポンサーリンク

“キャッシュレス決済”は以下記載の

一覧がすべて利用可能になります。

  • WAON
  • QUICPay+
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • ゆうちょPay
  • Amazon Pay
  • au PAY
  • d払い
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Origami Pay
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • Alipay
  • WeChat Pay

さらに以下”クレジットカード”も

窓口で利用できることになります。

  • JCB
  • Visa
  • MasterCard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • 銀聯

(デビット・プリペイドカード可)

そして、”キャッシュレス決済”で

利用できる対象は以下の通りです。

  • 郵便料金
  • 荷物運賃の支払い
  • 切手・はがきなど販売品
  • カタログ・店頭商品など物販商品

(印紙は不可)

以前までは到底、考えられなかった

“切手・はがき”がキャッシュレスで

購入ができるようになり、さらには

“クレジットカード”も利用できます。

現金化業者や”Amazonギフト券”の

転売の場合でも換金率が”約90%”を

ウロウロしている今、新たな手口で

現金化輩が現れないか懸念されます。

印紙・切手・はがき(大黒屋)

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする