【CASHARi(カシャリ)】物を手放さずに買取代金を受け取れる新しいリースサービス

スポンサーリンク

提供者

ganbaruhaha 様

情報内容

急な物入りのときに、お手持ちの

“ブランド品”などを預けることで

お金を借りることができる”質屋”。

はたまた、その物自体を売却して

お金にできる”リサイクル業者”や

“買取業者”など、その物の価値に

よりお金を得れる方法は様々です。

今回、物を一切、手放すことなく

資金調達することができる”質屋”

でも”買取業者”でもない、新しい

形のサービスをご紹介いたします。

スポンサーリンク

CASHARi(カシャリ)

“カシャリ”のシステムとは、商品を

買取した後に、”即座”にユーザーへ

その商品を“リース”するというもの。

“リース”の仕組みは、商品の所有権

は”カシャリ”のままで“リース料”

支払って商品を借り続けることです。

つまり、一度は”カシャリ”に買取を

してもらうので、そこで“買取代金”

を手に入れることができて、その後

買取してもらった商品を“リース”

借りることになるため”カシャリ”に

対して“リース料”が発生するのです。

“リース期間”は、規定で“3ヶ月”

なっており、“リース料”に関しては

商品の内容によっても異なります。

初めての利用に限っては”SMS認証”

さらに”身分証”が必要となりますが

使い方は至って簡単で、指定された

ジャンルの中から査定したい商品を

選び、カメラで撮影するだけで完了。

(クリックで拡大できます)

査定完了後に通知が届きますので

そこで査定結果を確認しましょう。

(クリックで拡大できます)

買取金の受け取りは”セブン銀行”の

現金受取サービス、もしくは通常の

銀行振込、どちらも対応可能となり

申請後“2営業日以内”に着金します。

仮に、買取金が“6万円”となる場合で

“リース料”が“1万4000円”の場合は

“3ヶ月”で“4万2000円”を支払う計算。

残りの“1万8000円”を支払うことで

所有権が”カシャリ”に移った商品を

買い戻すこともできますし、追加で

延長申請することも可能となります。

但し”リース料”の支払いについては

現時点で“クレジットカード”のみと

されており、その他のカードなどは

利用できないと記載されております。

Q&A(利用料のお支払い)

また、行く行くはこの支払い方法に

“後払い決済”が追加されるとの情報。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

投げ銭システムは諸事情により

一度中止させていただきました。

 

これまでご支援いただいた皆様

本当にありがとうございました。

シェアする

コメント

  1. kuma より:

    やはりクレジットカードが必須であることがハードルが高いですね。唯一持っているクレジットカードでも枠が不十分なため、認証されませんでした。後払い対応を待ちたいです。

  2. ねこねこ より:

    型落ちのiPhoneSEで38000、4年前のPS4で16000でした。
    デビットでは弾かれてしまうので、査定価格によって対応されるという後払いさえできれば良い現金化手段だと思います。