【メルカリ】未だに違法商品の出品が横行中な理由

スポンサーリンク

以前は盗難市場などと呼ばれていた

人気フリマアプリ”メルカリ”ですが

現在は”規律・監視・対策”を徹底し

品行方正な流れに向かっています。

しかし、そんな中でも悪知恵を働く

輩は存在するようで、スキマを狙い

違法商品を出品しているようです。

今回、世の中への周知を含めて

その手口の詳細をお伝えします。

スポンサーリンク

違法商品を販売する方と、それを

黙認して購入されたいという方を

繋ぐのは勿論、”SNS”となります。

仮に“Twitter”であれば検索窓に

“#(ハッシュタグ)+商品名”に

“コピー”や”隠語”などを加え検索。

その後は”DM”でコンタクトを取り

“購入”の旨を相手に伝えるのですが

そこで登場するのが”メルカリ”です。

“メルカリ”では購入者と取引する際

他の購入者から”接触”を断つために

“専用出品”なる裏ルールがあります。

以降の流れはご想像の通りですが

どちらかから“専用出品”のURLへ

誘導する、というシンプルな流れ。

個人情報が一切、伝わらないのは

勿論のこと、アカウントや住所も

偽装して早期発見を遅らせるなど

巧妙な手口を用いているようです。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする