どう足掻いても人生が詰んだ方へ【仕事編】

スポンサーリンク

提供者

すーくん 様

情報内容

お金が尽き生活に困窮しているが

交通費すら無いために、日払いの

派遣アルバイトなどに行けない方。

なんなら携帯も止まっている方や

そもそも“身分証明書”すら無い方。

そこまで人生が詰んでいる方でも

限りなく“即日”“住居+仕事”

有り付けれる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

株式会社新日本

こちらの会社、電話のみの面接で

“赴任交通費”を限りなく“即日”

現金で“先振込”してくれるのです。

勤務待遇は余り良くはないですし

給料から控除される額も高いです。

ただ、背に腹を変えられない方で

あれば、どんなにヤバい状況でも

必ず仕事まで漕ぎ着けられますし

赴任先に“寮”も完備してあります。

冒頭の通り、“交通費”に関しては

“先振込”で支給してもらえます。

電話面接の後、赴任先については

その日中に決定し連絡があります。

“身分証”の提示も必要ありません。

つまり“電話を掛ける”、これだけ

出来れば今の状況から救われます。

“緊急連絡先”“マイナンバー”

ついても、”一応”は聞かれますが

本当に“聞かれるだけ”となります。

最初に言えるよう準備しておけば

問題なく”マイナンバー”も現在の

生活を説明して、赴任先で手続き

をすることを伝えれば大丈夫です。

最低限必要なものは以下3つです。

  • スマホ
  • 銀行口座
  • メールアドレス

もし、回線を止められている場合で

“スマホ端末”さえ生きているのなら

“ブラステル”で番号作成しましょう。

ブラステル

“Wi-Fiスポット”内であれば“無料”

“発着信”が可能な万能なアプリです。

利用するには“SMS”を受信する必要

がありますが、できないという方は

“顔写真付き身分証明書”を用意して

“ブラステル”へ問い合わせください。

(クリックで拡大できます)

スマホが無い方は”フリーダイヤル”に

“公衆電話”で掛けるしかありません。

もしくは”ネカフェ”などで”メール”が

送受信できる環境なら誤魔化せます。

後は“赴任交通費”を振込してもらう

“銀行口座”が生きていたら大丈夫。

人生が詰んでいても“家”“仕事”さえ

あれば何度でもやり直しはできます。

諦めず最終手段で電話してください。

追加提供者

たつ 様

追加情報内容

実際に実践して検証をしましたが

“交通費”の支給は“即日”ではなく

“赴任日の前日”に振込となります。

勤務地は、ある程度は選べますが

難癖を付けられたりで、希望する

場所と違う勤務地を提案されます。

その場合、赴任日は企業側が指定

する日になりますので、担当曰く

“即日”は現実的に難しいとのこと。

また”交通費”は自己申告制ですので

こちらから“先振込してください”

お願いしなければ実行はされません。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

(1円単位でご支援いただけます)

 

投げ銭の詳細についてはこちら

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする

コメント

  1. ココ より:

    これって交通費だけ借りて後から返すって感じでも使えますかねー?

  2. アニキ より:

    どこかのサイトで書いてあったんですが、交通費振り込まれて後から電話で間違えて使ってしまったと言えば、後で返すって感じでも使えたと思います。勿論必ず返さないといけないですが。