居住地でなくとも購入できてしまう魔法の商品券が話題

スポンサーリンク

コロナ不況下の現在、各自治体が

地域を活性化するため、販売金額

に上乗せした金額で買い物できる

お得な“商品券”を発行しています。

しかし、どれほど利用価値にある

“商品券”であっても、その地域に

住んでいなければ購入できないと

なれば意味がありませんし、他の

自治体を羨むことしかできません。

そんな中、東京都のある地域では

“全国のどこに住んでいたとしても

購入資格がある商品券”を販売予定。

その使い勝手が素晴らしいとのこと。

スポンサーリンク

東京都の港区商店街連合会では

8月21日より2種類の“商品券”

“事前申込制”で受付しています。

スマイル商品券

2種類の”商品券”は以下の通りです。

①共通券

販売金額:1万円

利用金額:1万2000円

購入限度:②と合わせて10万円

②限定券

販売金額:1万円

利用金額:1万3000円

購入限度:5万円

①②の違いは、利用できる金額が

“限定券”の方が高いということと

“商品券”が使用できる場所の違い。

“港区”でしか使用できないことは

当たり前ですが、”共通券”の方は

下記”ステッカー”を貼付している

“すべての店舗”で使用することが

できるため、使い勝手は勝ります。

(クリックで拡大できます)

さらにこちらの”商品券”、原則は

“1人1セット”のみ購入可能ですが

“ご家族で各1セット”購入も可能。

“限定券”は“5万円分”までとなり

“共通券”だけに絞って購入の場合

“10万円分”まで購入ができます。

実際に使用できるのは”10月1日”と

なりますが、”タバコ”や”ギフト券”

など換金性が高い商品は購入不可。

従って”港区唯一”の家電量販店の

“ビックカメラ”が対象となるのは

考えるまでもないかも知れません。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする