社会福祉協議会貸付攻略マニュアル【前編】

スポンサーリンク

社会福祉協議会の福祉支援グループは

各分野においての“貸付”を行っており

困窮時に“10万円”を限度に貸付する

“緊急小口資金”もそれに含まれます。

しかし、社会福祉協議会についての

噂をお聞きになったことがある方は

ご存知でしょうが、貸付に至るまで

審査の過程が非常に困難となります。

大前提として誤解されている方が

大変多いのですが、上記の団体は

公的機関ではなく、厚生労働省が

資金を注入している民間企業です。

さらに、貸付を行う審査は申込時の

“担当者による裁量”の範囲が大きく

ハズレを引く可能性さえあり得ます。

今回、その社会福祉協議会の審査に

できる限り通過をしてもらえるよう

前後編に分け、その攻略の手助けを

させていただければと思います。

スポンサーリンク

貸付条件の把握

“緊急小口資金”を含む福祉資金は

申込をする時点で、見通しが立つ

“返済能力”があることが条件です。

つまり“無職”や”生活保護”の方は

収入が限られているため、条件に

当てはまらず”対象外”となります。

例外として、就職・アルバイト先の

内定が決まっている“雇用証明書”

あれば認められるケースはあります。

その他、”総合支援資金”なども含め

“収入基準”が定められていますので

詳細は各HPをご参照ください。

収入基準(東京都の場合)

(クリックで拡大できます)

また、後にも記載しますが取り急ぎ

申し上げると、”社会福祉協議会”と

“市町村区の役所”は連携しておらず

さらに“信用情報機関”にも加盟すら

していないことを、ご周知ください。

申込の心構え

初めての窓口の場合、何らかの

理由を付けられて“門前払い”

されることが、ほとんどですし

“単身者”であれば尚更でしょう。

酷い場合は、薄いパンフレットを

渡されて追い返されるというオチ。

上記を踏まえて臨む必要があります。

例えば、”生活費が足りない”には

以下のような返答が返ってきます。

  • 親兄弟に借りれないのか
  • 消費者金融は借りれないのか
  • 生活保護を申請しなさい

など。

現在も親兄弟に借りていると言えば

“もっと貸してもらいなさい”などと

平気な顔で言われたりすることも。

窓口の対応者を”貸付担当”ではなく

説教をする”親戚の叔父(叔母)”と

思われていた方が、まだ気が楽です。

ですので、どの指摘が飛んできても

“それは絶対に難しい”という状況を

いかに伝えるかがポイントでしょう。

そこまで言う割に、実際に親兄弟に

“確認の連絡”をすることがないのも

社会福祉協議会の特徴の1つですが。

では、妥当な貸付理由とは何か。

  • 生活費が盗難される
  • 医療費・介護費など急な出費
  • 会社都合により解雇される
  • 失業保険の受給までの期間
  • 自宅の火災による一時的な避難
  • 自宅の引っ越し・リフォーム資金
  • 福祉車両などの購入資金

など。

お金が必要な理由は様々ですが

課題であるのは”理由”ではなく

その“理由付けする根拠資料”

“提出できるか否か”になります。

後編では、実際に申込をする前に

準備しておく”あるもの”、そして

審査において注意するべきことを

お話させていただきます。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする