仕事をリストラされて前に進む気力がない

スポンサーリンク

相談者

767 様

相談内容

人生に行き詰り、辿り着きました。

現在37歳、妻と子供がいます。

最近、仕事をリストラされてしまい

子供の幼稚園の費用など、すべての

支払いの滞納をしている状況となり

家族3人で家に引きこもっています。

仕事をすればいいだけの話ですが

精神的に落ちるところまで落ちて

前に進む気力さえも失いました。

私も妻も信用情報ブラックのため

金融機関から借りることもできず

他に借りる人も頼る人もいません。

毎日、僅かな食事をすることが

精一杯な状況となり何か知恵を

お貸しいただければと思います。

真剣に悩んでいます。

スポンサーリンク

回答

大変な状況であるとかはお察しを

いたしますが、次の仕事をされる

意欲が湧かない限り、今後生活を

立て直しする”軸”がありません。

ですので、取り急ぎ“生活保護”

申請されるのが手っ取り早いかと。

東京都都市部の場合、相談者様の

家族構成であれば“約22万円”もの

金額が支給されることになります。

現在の”失職している状態”に加え

“5歳未満のお子様がいる家庭”など

通過しやすい条件も揃っていますし

リストラを理由に精神科に通院して

“就業困難な状態の診断書”をもらい

申請書に添付すれば効果は倍増です。

稀に、役所の窓口で言いくるめられ

申請書の”受け取り拒否”などという

横暴な対応も聞きますが、その場合

“直接”窓口には出向かず、“郵送”

送り付けることで回避できます。

その場合も“法テラス”を利用して

弁護士に申請書を代筆してもらえば

“拒否”されることもないでしょう。

法テラス

さらに”生活保護”を申請される方の

収入がない場合、費用も“無料”です。

法律援助事業のご案内

並行して”債務整理・自己破産”など

考えられてもいいですが、法律上は

生活保護費を差し押さえすることは

できないことから、催促に耐えれる

メンタルがあるのであれば、現在の

“借金”は放置でいいかと思われます。

生活保護法(第58条)

また、これまでの“税金”に関しても

“執行停止”となり“3年間”停止期間が

継続すれば、完全に“消滅”します。

その他、”生活保護”のメリットは

下記HPをご参照にしてください。

生活保護で受けられる扶助

生きていく上で”仕事”は必要ですが

“仕事”をしなくとも生きれるのなら

働く必要はありませんし、本心では

誰もがそう願っている部分でしょう。

食料品支援は過去の記事も合わせて

ご参考にしていただければ幸いです。

まだ食べられる廃棄前の"食料品"を 貧困世帯や児童養護施設などに向け "無償"で分配する活動を行っている "フード...

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする