私が人生を転落するまでの記録【第1回】

スポンサーリンク

提供者

betbet 様

情報内容

大学生のときにギャンブルにハマり

生活が自転車操業となってしまって

ありとあらゆる方法で金策した結果

知らぬ間に借金が膨れ上がりました。

それが原因で、家族・友人・恋人や

仕事など人生のすべてを失いました。

辛うじて警察には関わっていませんが

何度も頭に悪い考えがよぎりました。

そんな人生を誰かに聞いて欲しく

体験談としてご提供いたします。

スポンサーリンク

大学生のとき、趣味の範囲ですが

友人とパチスロをしていました。

当時は”4号機”時代ということもあり

パチスロだけで生活している人もいて

今、考えれば信じられない時代です。

私の場合、大学の授業はそこそこに

パチスロに足繫く通っていましたが

やはりギャンブルはギャンブルです。

トータルで収支もマイナスとなり

軍資金も底をついてしまいました。

すでにパチスロに依存していた私は

大学の傍らしていたバイトの給料も

1円残らず突っ込んでしまう状況に。

それでもパチスロがやりたい。

何とかならないかと模索をした結果

学生でも通る“クレジットカード”

存在があるということを知りました。

審査にもすんなりと通過、いただけた

限度額は“30万円”という破格の設定。

キャッシング枠はありませんでしたが

金目の商品を転売して金策しました。

しかし当然のことながら、その資金も

すぐに使い切ってしまい一文無しに。

勿論、そこで止めることなどはできず

さらにクレジットカードを3枚申込し

同じことを繰り返すハメになります。

気付けば借金の総額は“70万円”です。

当時、大学生の私に返せるはずもなく

両親に経緯を説明し、泣きついた挙句

借金を肩代わりしてもらえたのです。

今振り返れば”ここ”で終わっていれば

人生を挽回できたのかも知れません。

しかし、そのときすでに私は

末期のパチスロ依存症でした。

(続く)

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする

コメント

  1. たかしし より:

    同じ様な経験してるので、続きが気になります。