【奨学金】無職&ブラックでも300万円の貸付を受ける方法

スポンサーリンク

消費者金融や銀行ローンの借入で

首が回らなくなり諦めている方も

まだチャンスがあるのが“奨学金”

“奨学金”とは貧困世帯の学生に向けて

学費の貸付をしてもらえる制度ですが

その最大の特徴は“信用情報”の参照を

しないため、現状ブラックであっても

関係なく申請が可能ということです。

日本学生支援機構

勿論、“学生”でなければ意味がなく

貸付までの過程も困難な印象ですが

今回は、可能な限り簡単に”学生”と

なり、上記”奨学金”の貸付を受ける

までの流れをご紹介いたします。

スポンサーリンク

“学生”となれば、今現在の実生活に

時間の消耗など支障をきたしますが

最小限に抑えることができる方法は

“通信制・放送大学”への入学です。

放送大学の”奨学金”では、1ヶ月に

“最大15万円”の貸付の申請が可能。

奨学金制度について

但し、通常の4年生大学への入学は

学費で”奨学金”が相殺されてしまい

手元に資金が残らず本末転倒です。

ですので、2年制である放送大学の

“大学院”へ飛び込み入学をします。

大学院修士課程を修了したい方

“1.16倍”の倍率である“情報学”

最も簡単コースであるといえます。

(クリックで拡大できます)

入学試験を受けて無事合格した後は

最大金額の“15万円×24ヶ月”である

“第二種奨学金”を申請するだけです。

勿論、学費を納める必要がありますが

大学院は2年間で“約46万円”ですので

奨学金から差し引いても“300万円”

資金が余る(借りられる)計算です。

(クリックで拡大できます)

多少、強引な手法ですが“卒業資格”

毎月“15万円”が貸付されるメリットを

考慮すれば、現在が八方塞がりな方は

行動する価値はあるかも知れません。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

 

その他の方法でも投げ銭できます。

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

永久無料で情報配信し続けております。

シェアする