【詳細不明】Amazonギフト券を後払いで購入できるサイト【チェンジャーズ】

スポンサーリンク

急な金欠や、手元に現金がない場合

“Amazonギフト券”“後払い”

購入することができる業者のご紹介。

チェンジャーズ

初めての利用は不安な方も多いかと

思われますので、今回、利用方法の

解説と販売業者“チェンジャーズ”

実態についての考察をお話します。

スポンサーリンク

買取&売却の流れ

上記HPを見てお分かりの通りですが

“Amazonギフト券”の実際の価格から

“10%上乗せ”をして販売しています。

(クリックで拡大できます)

さらに購入したギフト券は”同時”に

“売却(現金化)”することが可能。

(クリックで拡大できます)

一律“85%”ですので“1万円分”

ギフト券の買取を依頼した場合は

“8500円”から手数料を差し引いた

“8250円”が振込されるということ。

(5万円以上は振込手数料は無料)

また“購入だけ”の取引も可能ですので

換金率の高いギフト券買取業者などで

別に売却してもいいかも知れません。

上記金額で“購入→売却→振込”までを

された場合、その支払いを購入日から

“32日以内”に後払いで購入した金額の

“1万1000円”を振込すれば完了です。

つまり”8250円”を借りたと仮定して

“1万1000円”で返済するのであれば

“月3.3割”の利息と同じということ。

高いか安いかは個々の感覚でしょう。

販売業者の実態

“特定商取引法に基づく表記”には

電話番号の記載がありましたので

下記サイトで検索を行ったところ

以下の情報が掲載されていました。

jp numbers

(クリックで拡大できます)

以前は、事業者向けに”融資”を行う

金融業者であったらしく、その際に

“貸金業登録”がないため“闇金”かも

知れない、などの口コミの記載も。

また、当時の企業名などの記載も

いくつかありますが、真偽は不明。

さらに、冒頭のHPと”別のHP”では

“古物商許可番号”を表示しています。

チェンジャーズ

(クリックで拡大できます)

実際に古物商の許可を受けた業者が

HP上で取引を行うためには”URL”を

各都道府県の公安委員会へ申告する

必要がありますが、調査の結果では

“URL”の記載はありませんでした。

古物商許可番号データベース

但し、申告には時間差があるため

必ずしも“古物商の許可がない”

決定付けるものではありません。

実際に”購入&売却”をする場合に

トラブルの保証はできませんので

自己責任の元でお願いいたします。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

シェアする

コメント

  1. 飯山 より:

    新規受付してないみたいですよ。

  2. ブライツ より:

    このネタ既に使えないので削除してください。