給料ファクタリング体験談【スピードペイ編】

スポンサーリンク

提供者

D 様

情報内容

給料ファクタリングの体験談です。

スポンサーリンク

スピードペイ

まず初めにオススメはしません。

申込はLINEのやり取りとなります。

LINE上で、個人情報の入力、職場の

連絡先、他社利用状況を送信をして

“免許証”と”給料明細2ヵ月分”さらに

“口座履歴2ヶ月分”、身分証を持った

自撮り写真を送れば完了となります。

暫くすると担当から電話がありますが

余り根掘り葉掘りは聞かることはなく

“3万5000円”の給料を”2万円”で買取。

そこからさらに”3300円”の手数料が

取られてしまい、実際の振込金額は

“1万6700円”になるとのことです。

但し、返済日15時までの振込の場合

手数料”3300円”は免除されるらしく

“3万1700円”が返済額とのことです。

しかし、実際に契約書が届いた後

中身を確認すると、”身元保証人”が

2人分記載する項目があり、事実上

手数料は“50%”と変わりません。

絶対使わない方がいいでしょう。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

無料で情報を配信し続けております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用に

代わる、ご支援を賜れれば幸いです。

 

投げ銭 (PayPal)

 

“1円単位”でご支援をいただけますが

匿名を希望の場合はご参照ください。

 

今現在、支払い方法の手段として

世間の認知度が高くなりつつある

電子決済”PayPal(ペイパル)”。

個…

シェアする