【KeyDB】偽造した身分証や詐欺加害者かどうかをAIで判別できるサービス【個人間eKYC】

スポンサーリンク

“Twitter”などSNSでの取引を含め

ネット上で素性を知らない相手と

金銭を絡めたやり取りをされる際

心配であるのは“詐欺”に合うこと。

金額が少額な場合は、被害届さえ

受理されないというケースも多く

腹いせに拡散したとしても、後は

泣き寝入りする他ないという現実。

相手が以前から“詐欺”を繰り返す

常習犯であるのかや、提出された

“身分証”が本当に本物であるのか

命の次に大事な金銭を交わす前に

知っておきたいのが本音でしょう。

今回、そういった不安を一掃する

画期的なサービスをご紹介します。

スポンサーリンク

keyDB.

これまで、銀行や証券会社などが

顧客の本人確認を徹底するために

導入していた“eKYC”サービスを

個人間で利用できるというもので

下記のような問題が解決できます。

  • 身分証が本物かどうか
  • 過去に詐欺取引をしていないか

“身分証”に関しては、人工知能の

機能を使い“偽造・偽物”かどうか

瞬時に検出して知らせてくれます。

さらに、ネット上に保存されている

“2000件の事故情報データ”を照会し

過去に詐欺取引・金銭トラブルなど

関わった人物か特定することも可能。

事故情報は日々、更新されますので

近々の詐欺トラブルも追跡できます。

通常は利用料も発生するそうですが

現在はオープンキャンペーンと称し

“無料”“5回”まで利用ができます。

利用方法は、”KeyDB.”を”LINE”で

“友だち追加”後に“受信箱”を発行し

その“受信箱のリンク”を取引相手に

送るだけの至ってシンプルなもの。

その”受信箱”に、相手に”身分証”を

“アップロード”してもらうだけです。

提出してもらう”身分証”の種類は

以下のように自由に設定できます。

  • 免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 身分証と自撮り写真

など

その後は、”KeyDB.”の”LINE上”で

判定結果の通知を待つだけですので

取引相手と“LINE交換”も一切不要。

こういったサービスの誕生によって

安易にネット詐欺に手を染める輩が

減っていくことが今後期待されます。

決して悪用は厳禁です。

スポンサーリンク
関連記事

 

“シノギブログ”は読者の皆様に知識や

好奇心などを満たしていただくために

“永久無料”で情報配信しております。

 

今回の情報で、ご満足いただけた方は

“投げ銭”として運営費用・取材費用の

ご支援をいただけますと幸いです。

 

シノギのPayPay

 

(1円単位でご支援いただけます)

シェアする